1. えどがわ産業ナビ
  2. 事業所Pickupレポート
  3. 中華料理 長五楼

PDFダウンロード

ちゅうかりょうり ちょうごろう中華料理 長五楼

Interview No.7

家庭的で温かいおもてなしと一流本格中華料理を江戸川区で守り続ける

取材日:2017年1月16日

会社概要

 昭和47年篠崎にて創業。以来45年間変わらない、『長五楼の中華料理』を提供し続けている。平日は仕事仲間や友達グループ、休日はファミリー層と、近隣の方はもちろん遠方からも訪れている。季節のメニューや新商品を定期的に開発しており、小松菜を使った料理の創作にも取り組んでいる。

社長さん紹介

社長さん紹介 代表取締役社長 小泉 定雄

 生まれも育ちも江戸川区の篠崎。中華料理が好きだったことから20歳より8年間修行入り。
修行時代は他の人の倍以上努力をしたとのこと。「今でもたまに餃子を握るけど、体で覚えているからとっても早いですよ。若いものにも負けません。プロは早く正確に!」とお話される社長さん。「新しい料理も出来ていくし、これでいいってことはない、生涯勉強!」とお客様に満足してもらうための努力を続けていく姿勢を強く感じました。

- インタビュー memo -
常連のお客様と一緒にお食事 写真

「商売を始めるなら地元で。地域を良く分かっていてベストかな。」とお話された社長さん。
インタビュー終了後は常連のお客様と一緒にお食事をされていました。

長五楼の店名とマークの由来はなんですか?
ロゴマーク

長五楼という店名は実家の屋号。
元々は長五郎だったが、中華料理らしく楼に変えました。
お店のマークや内装は神社仏閣にあるひさしを支える『鴨居』をイメージの根底に置いています。
デザイナーにお願いして作成してもらい、形が逆すえひろがりになっていることもあり採用しました。

修行時代に苦労したことなどありますか?
修行時代 写真
独立しお店をオープン

基本を知らないとアレンジしていくことは出来ないと思い、全く未経験の場所に飛び込もうと思いました。どうせ修行するなら一流の場所でと、銀座の有名店に修行入りしました。


1年目は洗い場担当でしたが、当時は食器洗浄機がないので全部手洗いでした。
2年目からは下準備担当。当時はエビチリが大人気で殻付きのエビを手で剥いていました。休憩時間もほとんどなく、過酷な労働環境だったと思います。
その後は麺類の調理や餃子を担当しましたが、最初のうちは味付けをさせてもらえず、茹でた麺をあげるとか、餃子を包む等の下準備だけでした。多い日では1日に約1,000個の餃子を包んでいました。
やっと料理を任されるようになった時は、1品1品先輩に聞き、勉強し、味を見ながら作っていました。
この頃は他の人の倍努力をしていました。具体的には、デパートの店舗に所属していた時は営業時間が短い為、終わったら本店へ向かい、さらに仕事を覚えるために勉強をさせてもらっていました。
その努力の結果、3年目には24歳で場長(料理長)になりました。責任を持つ立場になると、人に聞けなくなるので、それまでにしっかり勉強をして自分の腕を磨かないとできない仕事です。


28歳で独立し、篠崎にお店をオープンさせて今年で45年になりました。
今も味覚は衰え知らずで、料理を口にした時に、一体何が入っているのか?味を確かめたり、色を見たりと五感で味わうと、味覚って発達するのですよ。
味付けの根底には修行時代の流れが残っています。

店内 写真  店内 写真

人気メニュー紹介
1位 餃子
餃子 写真
大きめサイズの餃子は皮が『もちもち』。脂っこくないのが特徴。
餃子とシュウマイは天津として、コース料理にも必ず入れている。
2位 長五楼麺
長五楼麺 写真
手軽に、すぐ食べられる看板メニュー
他にも同じあんかけ麺として、五目焼きそばが人気。
3位 酢豚・小エビのチリソース・回鍋肉・青椒肉絲
酢豚・小エビのチリソース・回鍋肉・青椒肉絲 写真
一つのテーブルに一つは必ず出る定番料理
中国料理では、肉=豚肉なのです。それ以外は必ず但し書きを入れています。
ぜひメニューで確認してみてください。
季節のメニューと小松菜料理について教えてください。
小松菜いろいろ菜
冬の牡蠣麺

三ヶ月ごとに調理長おすすめ料理として季節限定メニューを提供しています。
毎年同じとは限らない限定メニューですが、その中でも人気があり10年以上続けているのが、冬の牡蠣麺です。牡蠣はやっぱり人気だから、何とかしてメニューに入れる事は出来ないか?と考えて誕生した一品です。他にはないメニューだと思います。毎年楽しみにしているファンが沢山います。具は小松菜だけ。味付けは牡蠣油(オイスターソース)。とっても美味しいです。
小松菜は地元の名産品だし、地域の産業を応援したいと思い、中華料理の中に組み込みました。皆さんに楽しんで味わってほしいですね。
小松菜は癖が少ないから、中華料理に合わせやすいです。
小松菜シュウマイも定番で、よく出ています。

新メニューの開発について教えてください。
長五楼 メニュー
長五楼 料理 長五楼 料理

季節限定メニューはオーディションによって決めています。一人あたり、4~5品位出して、その中から社内のみんなできめています。
新メニューの創作には、イメージから入ることが多く、頭の中で、この食材と、この食材を合わせたらどうなるかな…と想像から始めるんです。
先に調理をしてしまうと、固定観念で作り込んでしまう。そこからのプラスアルファの発想がでにくいかなと。これが長五楼流で、新しいメニューにも必ず長五楼の味が入っています。
お客さんはみんな定番中の定番のあの一品の味。変わらない中華の味を舌で、目で、身体で覚えていて、それを求めてきてくださっているのだと思うのです。そういった方がリピーターとなり、何年も通ってくださっています。味のイメージに沿っていないと、お客さんは逃げてしまう。そういった方々への期待に応えるためにも、新しいことに目を向けてばかりいないで、ベースにある基本を大切にしなくてはならないのです。それを守り、変わらず提供するのがプロの料理人です。調理長へ伝授した私の味は、伝え続けてもらっています。


社内の様子
今後の展開についてお聞かせください。
中華料理 長五楼
 「事業としてやっている以上、社員の生活向上がどんなことがあっても必要。そのためには何をしたら良いのか?毎年年始に色紙に『お客様が私たちを支えてくださいます』と、その想いを書き込んでいます。」
 「目標は50周年に向けてこの長五楼を守っていくこと。50周年の際にはイベントも考えようかなと思っています。私は毎朝8時半に来て、駐車場や、店舗外の清掃から始めて13時間近く店にいるのですが、さすがに疲れますねこの年じゃ。なのでほどほどに頑張って、体力が持つ限り今まで通りやっていこうかなって思います。」

中華料理 長五楼の皆さま
「えどがわ産業ナビ」インタビューにご協力頂き、本当にありがとうございました。

インフォメーション

中華料理 長五楼 外観写真
所在地
東京都江戸川区篠崎町5-6-17 Google MAP
最寄り駅
都営新宿線 篠崎駅南口 徒歩6分
営業時間
ランチ  11:30 ~ 15:00 (※ラストオーダー 14:30)
ディナー 17:00 ~ 22:00 (※ラストオーダー 21:00)
土・日・祝日(ランチのラストオーダー 14:15)
定休日
毎週火曜日定休日
但し火曜日が祝日の時は営業します
電話番号
03-3678-1156
FAX番号
03-3679-1798
ホームページ
http://www.chogorou.com/

中華料理 長五楼TOPページはこちら

TOP戻る