1. えどがわ産業ナビ
  2. 株式会社ニューコン工業
  3. ニュース
  4. 不動産業者、建築業者向け製品のご紹介

株式会社ニューコン工業

不動産業者、建築業者向け製品のご紹介2017年05月15日

不動産業者、建築業者向け製品のご紹介 関連画像1
ニューコン工業です。

弊社 ニューコン工業は、大正8年に創業し、創業以来 事務用機器を開発、製造、販売をしております。
自社工場で、開発、設計、試作、量産、アフターサービスまで一貫し行っております。
主として、紙に穴をあけファイルに綴じるパンチングマシン(穴あけ機)や改ざん防止、事務能率化にご使用される製品を主として開発、製造、販売をし、弊社製品は、国内の市場はもとより五大陸(米国、欧州、東南アジア、豪州、アフリカ)全てに輸出しご使用されております。

不動産業者、建築業者向け製品のご紹介です。
是非 弊社ニューコン工業製品をお役立て下さい。


○シールプレスシリーズ
 http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/23819/

 シールプレスは、紙面(証明書・保証書・重要書類の他免許証・卒業証書・名刺等)に文字やマークマーク・証票記号等をエンボス加工により(凹凸)直接浮き上がらせて紙面の体裁を引き立て、その権威を高める製品です。
 【ご利用例】
  ①各種証明書・登録証・社員証などの写真部分に割り印
  ②名刺・封筒・便箋・お手紙・書類・ポスターなどに、オリジナルロゴ・マークを刻印
  ③団体・協会・会社・学校が発行する各種証明書の認印など
   ※ご利用例は、一般的なものですが、様々なご利用方法がございます。

 電動タイプと手動式タイプをラインナップしております。

○パンチングマシンシリーズ
 http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/23873/

 書類を整理してファイルに保管する際にお使いになられるパンチングマシン(穴あけ機)

 ファイルやバインダーでは、2穴や4穴、26穴、30穴と様々な規格のファイルがあります。
 ファイルを用意したけど、それに"対応した穴あけができず"、"資料等を綴じれず"に困ったことがございませんか?

 ぜひ、ファイルの規格にあった穴あけパンチをご用意しませんか?

○紙折機シリーズ
 http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/23572/

 紙折機は、DMや企画書づくり等のオフィスワークに、有能なアシスタントとして簡単な操作で短時間に美しく、大量に折ることができます。
 弊社では、2機種の紙折機をラインナップしております。

○契印機シリーズ
 http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/23840/

 契印機は、穴文字、記号を打ち抜くことにより、契印・割印の役目を果たします。打ち抜き方式ですので、印鑑による一枚一枚の押印での契印漏れがありません。
 ワンストロークで複数枚の用紙等に直接打抜くため、数分にして何千枚もの即時処理が可能です。
 事務効率を高め、重要書類を偽造・改ざんから保護するために大変有効です。

○打抜機シリーズ
 http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/23839/

 打抜機(パーフォレーター)は、日付・番号・マーク・社名・コード・記号等を穴文字によって重要書類等(書類・保証書・有価証券・伝票その他)に打抜く機械で、スタンプや印字出力とは異なり、"適切な穴文字を直接打抜くこと"により"偽造・改ざん"から保護するために大変有効です。
 ワンストロークで複数枚の用紙等に直接打抜くため、数分にして何千枚もの即時処理が可能です。
 また、日付・番号・マーク・社名・コード・記号等を打抜いてある限り永久的に保証・証明・確認等の役割を果たします。
 打抜機(パーフォレータ)は現代ニーズに見合った機能を発揮します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇お問い合わせ先
株式会社ニューコン工業
東京都江戸川区中央1-8-15
電話03-3655-6151(代表)
URL http://www.newkon.co.jp/

〇ニューコン工業 動画サイト(YouTubeへリンク)
https://www.youtube.com/channel/UCd2TT3KPWU-15RBvpuROdig
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

○過去の新着ニュース一覧
http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/
  • コメント
株式会社ニューコン工業の情報へ戻る
TOP戻る