1. えどがわ産業ナビ
  2. 健茶薬醍醐
  3. ニュース
  4. 「ハーブティー」ってなんでしょうか?

健茶薬醍醐

「ハーブティー」ってなんでしょうか?2017年04月25日

「ハーブティー」ってなんでしょうか? 関連画像1
そもそもハーブやハーブティーというのはなんなのでしょうか?

 ラテン語で「野草」「草木」などを意味するHerba(ヘルバ)が語源となっているハーブ(Herb)。
 科学的に合成された薬ができる前の時代では、アジア、ヨーロッパを問わず、自然の中で育つ植物の力は、医療として活用されてきました。
 中国の漢方薬、インドのアーユルヴェーダもその一つです。日本の伝統民間薬だったドクダミや柿のは、シソや三つ葉などの薬草や香草も和のハーブと言えるでしょう。
 ハーブには、さまざまな特性があることがわかっています。葉、花、実、根、樹皮などを生のままや、乾燥させたり、煮出したり、精油にしたりして使用します。引用、塗布(とふ)、湿布(しっぷ)、吸入、浴用などさまざまな方法で薬効を活用してきました。
 体を温める、冷やす。神経や気持ちを鎮静化させる。皮膚を清潔に保つ。痛みを和らげたり、毒を出したり・・・。ハーブの幅広い薬効は体験的に、そして体系的に積み重ねられ、世界のいたるところで用いられてきたのです。
  • コメント
健茶薬醍醐の情報へ戻る
TOP戻る