1. えどがわ産業ナビ
  2. 健茶薬醍醐
  3. ニュース
  4. ハーブの利用方法で一番有名なのはハーブティーです

健茶薬醍醐

ハーブの利用方法で一番有名なのはハーブティーです2017年04月28日

ハーブの利用方法で一番有名なのはハーブティーです 関連画像1
ハーブの利用方法で一番有名なのはハーブティーです。
 ハーブティーは浸剤と呼ばれ、熱湯または水の中にハーブを浸して、有効成分を取り出したものをいいます。浸剤ではおもに水溶性の成分が取り出せます。
 浸剤には2種類あります。熱湯を使う温浸剤と水を使った冷浸剤です。
温浸剤は、熱湯を使って作ることで、有効成分を効果的に抽出させます。沸騰した熱湯をポットに注いで作ります。
 熱湯で抽出したハーブティーを冷たく冷やしたものアイスハーブティーとして飲んでいただいても大丈夫です。熱湯を使うことで抽出された有効成分はそのまま残りますので、効果が薄くなることはないのです。
 夏の暑い時期、熱中症対策の水分補給には、糖分が大量に含まれている清涼飲料水やお茶などのカフェインが含まれている飲料などよりもハーブティーがお勧めです。
 冷浸剤は、水出しハーブティーのことです。
 低い温度で溶ける成分のみが抽出されるので、苦味成分のタンニンなどが少なくなり、色が澄んでいて口当たりのよいティーができます。小さなお子様や胃腸が弱い方なども安心してお飲みになれます。
  • コメント
健茶薬醍醐の情報へ戻る
TOP戻る