1. えどがわ産業ナビ
  2. 健茶薬醍醐
  3. ニュース
  4. 母の日のプレゼントに「グリーンルイボス」

健茶薬醍醐

母の日のプレゼントに「グリーンルイボス」2017年05月14日

母の日のプレゼントに「グリーンルイボス」 関連画像1
母の日のプレゼントに「グリーンルイボス」はいかがでしょうか?

毛細血管があるのに機能していない毛細血管のことを「ゴースト血管」と言います。血流がないため、栄養を運ぶ機能がなく、細胞に栄養が行き渡らないため、様々な老化症状を引き起こします。

ルイボスティーを飲むことにより毛細血管が元気になり、毛細血管のゴースト化が防げると考えられています。


ルイボスは南アフリカ共和国のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生するマメ科の植物です。乾燥した30度以上の温度差の高い場所を好むため、セダルバーグ山脈以外での栽培することができません。
ノンカフェインで赤ちゃんからお年寄りまでお飲みいただけます。妊娠中・授乳中にも安心して飲めます。低タンニンで渋みが少なく、鉄分の吸収を妨げることがありません。また、リン、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分も豊富に含まれています。

抗酸化SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様物質が豊富に含まれて、活性酸素を除去することによりアンチエイジングに効果があります。
また、抗酸化作用により、動脈硬化の予防や肝機能、血糖値、コレステロール値の安定効果が期待されています。

腸内の動きが活発になり、悪玉菌を排出して、腸内環境を整えることで、便秘や下痢に効果があります。

また、ルイボスには抗炎症作用があり、小児喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症、鼻炎などへの効果があるといわれています。
2003年に現地で低温乾燥による特殊製法が完成し,日本の緑茶と同じ非発酵タイプのルイボス茶が生み出され「グリーンルイボス」と名づけられました。一般的な発酵タイプのルイボスティーに比べ、アンチエイジングに効果が期待できると言われている抗酸化物質(スーパー・オキサイド・ ディスムターゼ:SOD)が10倍以上あります。

http://www.kenchayaku-hirai.net/?pid=73755837
  • コメント
健茶薬醍醐の情報へ戻る
TOP戻る