1. えどがわ産業ナビ
  2. 裁断の専門家 有限会社紅日裁断
  3. ニュース
  4. 紙、印刷インキにも震災の影響が!

裁断の専門家 有限会社紅日裁断

紙、印刷インキにも震災の影響が!2011年03月30日

先日、ビニール業界への影響に関しては記載したとおりですが、当社はビニールだけでなく紙関係の裁断も行なっています。

その紙も供給不足になりそうなんです!

日本製紙で働いている方からの情報では、
出版業界の印刷用紙の約4割を供給していた宮城県の日本製紙石巻工場と青森県の三菱製紙八戸工場が被災してしまったらしい。
日本雑誌協会によると計191誌もの雑誌が発行休止、または発行を延期するという状態になっているようで、「今回の震災の影響で最も不足しているのは女性誌などに使われている、光沢のあるコート紙が不足。女性誌の中には紙の質を変えるといった対策をとっているようだが、海外高級ブランドは自社宣伝にこのコート紙を使用することに拘る所も多いそうで、かなり深刻そう

現在は印刷所や他製紙会社からのストックをかき集めてしのいでるようですが、それが確保できるのも今後半年とのこと
当社もブックカバー関係のお客さんが、中の本が刷り上らないために、カバーの寸法が確定できずに困っていました。当然、カットの部分担当の裁断業者(当社)も困っています(汗)

さらに、印刷インキも原料の調達が困難な状態になっているらしく、業界団体に使用抑制を要請中みたいで、
化学関連企業の生産活動に支障をきたす事態が相次ぎ発生したことで、印刷インキの主原料調達が困難になっているためだ。とくに新聞インキは、この状態が続くと4月末には製品および原料在庫が途切れる可能性も否定できないという。これを受け、印刷インキ工業連合会では「かつて経験したことのない厳しい事態」との認識を示し、印刷・新聞業界などにインキ使用量の抑制を要請。一方、インキ最大手のDICは代替原料の調達や海外品購入の検討を進めるなど対策を急いでおり、製品供給の維持に全力を挙げる構えだ。

 同連合会によると、震災の影響でパラオクチルフェノール(POP)を原料とするロジン変性フェノール樹脂をはじめ、溶剤のメチルエチルケトン(MEK)や有機顔料など各種印刷インキの主原料調達が困難な状況となっている。これに加え、重油やLPGなどの燃料不足や計画停電の実施が印刷インキの生産・出荷状況の先行き不透明感に追い打ちをかけているという。

 また、主原料の1つである顔料を生産するDIC・鹿島工場も付帯設備などが被災。現在、早期の稼働再開を目指して復旧作業を急ピッチで進めるとともに、在庫や海外拠点からの調達、外部購入などで対応するとしている。

 並行してDICは、製品供給維持に万全を期すため、供給不足が懸念される主原料について代替原料ソースの探索や代替技術の活用なども検討。場合によっては品種の絞り込みや、スペックダウンも視野に入れる。

 同連合会では、「こうした未曾有の難局に対し、さまざまな可能性を追求していく」としているが、「非常に厳しい現実を突き付けられている」と危機感を隠さない。今後、インキメーカー各社との連携や情報交換を密にするとともに、インキ使用量や色数、ページ数の抑制を印刷・新聞業界などに引き続き求めていき、事態の打開に全力を挙げる。

ビニール、紙どちらもですが、販促品や購買商品において印刷や箔押しは必須に近いものであり、生地(ビニール、紙)、印刷、加工は3点セットのようなもので、どれかが出来なくなると製品として完成しなくなるわけで、、、

困ったものです

1日も早い復旧を祈っておりますので、皆さん頑張って今は耐えましょう!

※この内容は不安をあおるようなものではありませんので、ご理解、ご了承ください。


切る事なら何でもお任せください!ハサミで切れる素材でしたらどんな素材でもカット・断裁が可能です!1枚、小ロット、短納期(即納)大歓迎です!ビニール、オレフィン、紙、PP、硬質、不織布、ターポリン、布、精密に裁断致します

裁断専門の紅日ビニール工業所
公式サイト http://www.kounichi.com/
〒132-0022 東京都江戸川区大杉5-15-22
電話 03-3655-5001 FAX 03-3651-6332
kounichi@sa.il24.net
  • コメント
裁断の専門家 有限会社紅日裁断の情報へ戻る
TOP戻る