1. デイサービス木楽舎

デイサービス木楽舎

デイサービス木楽舎 画像1

室内

デイサービス木楽舎 画像2

お風呂

デイサービス木楽舎 画像3

全体

「食う寝る遊ぶ」。一人一人の「生きかた」をお手伝いします。

ニュース

RSS

ニュースはありません。


連絡先

定休日
土曜、日曜。4月10月の第3月曜と火曜日。年末年始(12/29-1/3)
営業時間
9:00~18:00
※介護サービスの提供時間は10:00~16:30
代表電話番号
03-5636-0027
メール

事業所情報

事業所名称
デイサービス木楽舎でいさーびす きらくじゃ
郵便番号
132-0013
所在地
東京都江戸川区江戸川
地図
Webサイト
代表者名
高橋秀人たかはしひでと
事業内容
高齢者・障がい者への通所介護サービスの提供。(運営・有限会社 連)
アクセス
都営地下鉄新宿線瑞江駅より徒歩12分。都バス今井停留所より徒歩10分。
PR文1
木楽舎は、「デイサービス」。
介護保険サービスのひとつで正式には「通所介護施設」と呼ばれます。
日中を木楽舎でお過ごしいただき、入浴、食事、創造的活動や、日常生活を維持するために必要な機能訓練を提供します。

障がい者に対する通所サービスも提供しています。
PR文2
木楽舎憲章

木楽舎ではスタッフを「ケアレンジャー」と呼んでいます。
 ケアを整える人(アレンジャー)、ケアを見守る人(レンジャー)、新しいケアに挑戦する人(チャレンジャー)、そして正義の味方ケアレンジャー!! という意味を込めています。

そんな私たちが考えた木楽舎憲章は――

その一 「くう・ねる・あそぶ」
いろいろと考えましたが、第1条はこれです。
木楽舎に流れる時間は「老い」ではなくて「生い」。頑張ってきた人生のご褒美である高齢期の一時が充実したものになるように、ケアレンジャーは、利用者と一緒に「生い」の風景を作ります。老い先ではなく「生い先」を、一緒に過ごしたいと考えています。

その二 「感謝」
ケアレンジャーは、利用者の歴史を引き継ぐ入れ物になります。
人生の先達者に感謝を忘れず、私たちが知らない歴史の作り手・語り部としての高齢者の話に耳を傾け、受け継ぎ、次世代への掛け橋となりたいと願っています。

その三 「寄り添う」
人にはその人にしか背負うことのできないものがあります。他人にはそれを背負うことはできません。
私たちにできることは、その人が、時として背負っているものの重みに疲れてひざをつく、そのときにそれを見届けてあげるだけです。
そして、もしその人が望むのならば、立ち上がるときに手を貸してあげられればいいと思っています。
そのためにケアレンジャーたちの片手はいつも空いています。
立ちあがったら、寄り添い、またいっしょに歩きたい――。
なにより一番大事なことは、その人がなにを背負うているのかを知ることだと考えています。
PR文3
木楽舎の願い

つらいことですが、老化は誰もが避けられないことです。毎日毎日少しずつできないことが増えて行きます。
できなくなってしまったことを嘆くのではなく、今できることを「今日」叶えたい。わたしたちは、そのお手伝いができれば嬉しいと考えています。
一方的にメニューを押し付けることはしません。その日のみなさんの気分に会わせてゆったりと、過ごしていただけるように努めます。
でも、デイサービスは日々の暮らしの句読点。自宅と言うより気心の知れたおとなりさんちと言う感じでお越しいただければ嬉しいです。
わがままは困りますが、気ままは大歓迎です!!
見学受入れ
可能(要相談)
大分類
医療,福祉
中分類
社会保険・社会福祉・介護事業
小分類
老人福祉・介護事業
細分類
通所・短期入所介護事業
経営組織
法人
従業者数
5人
事業所開設年月
2004年 05月
事業所・本社の別
本社・本所・本店

業種で調べる

TOP戻る