1. えどがわ産業ナビ
  2. 株式会社京葉十二社広告社
  3. ニュース
  4. 広告を出しているのに集客に結びつかないときに検討するポ

株式会社京葉十二社広告社

広告を出しているのに集客に結びつかないときに検討するポ2021年10月08日

広告を出しているのに集客に結びつかないときに検討するポ 関連画像1
地域情報ポータルサイト【まいぷれ江戸川区】を運営している京葉十二社広告社です。
地域のお店の広告やプロモーションのお手伝いをはじめ、SNS運用サポートから助成金申請のご相談まで、パートナーとしてお客さまの事業に伴走してサポートしています。


今回は【広告を出しているのに集客に繋がらない】お悩みについてお伝えしたいと思います。

購買認知行動のひとつとしてAIDMAというフレームを聞いたことはありますか?

Attention:注意
Interest:関心
Desire:欲求
Memory:記憶
Attention:行動

最近ではSNSの流行に伴い、これに続く行動として Share:共有 というのも注目を集めています。
ひとつずつ解説していくと

【Attention:注意】

お客さんが「知らない」状態から「知る」段階です。
まずは認知してもらうということですね。

インスタグラム広告や駅のポスターなど、とりあえず存在を知ってもらう段階を言います。
インプレッション数(見られた数など)がひとつの指標となります。

【Interest:関心】

「知っている」から「興味がある」状態へもっていく取り組みです。
評価の育成という言い方をすることもありますが、例えば男性が女性の脱毛などの広告をみても興味を持つことはほとんどありません。

「これは自分に当てはまるな」と感じてもらうようなコミュニケーション(問いかけ)が必要です。
このあたりでSNSのフォローなどに繋がっていくことが多いです。


【Desire:欲求】

「興味がある」から「欲しい」と思わせるコミュニケーションです。

商品やサービスを受けるメリットや買った後の変化などを伝えていくと良いでしょう。
自分が商品やサービスを「欲しい」と思うのはどんなときでしょうか。


【Memory:記憶】

「欲しい」と思うだけの状態から「欲しいからちょっと検討しよう」という段階にもっていくことです。
広告などを見て一瞬だけ「あ、欲しい」と思っても家に帰って忘れてしまうことも多いと思います。
そこからもう一歩検討してもらうためのアプローチが必要です。
「自分に当てはまるなあ」ではなく「いまの自分に必要な商品(サービス)だ!」というメッセージを伝えていく必要があります

【Attention:行動】

「購入するか迷っている」ところを後押しして「購入」に促すコミュニケーションです。

・期間限定
・いまだけお買い得
・早く購入すればするほど良いことが起きる

など購入を後押しするような訴求や特典があると行動に繋がりやすいです。
たとえば通常用意しているレッスンをイベントとして開催し、「2レッスン受けると1000円引き」などといってセールスをすることもあります。



広告を出していてそれなりにPVやインプレッションがあるのにお客さんが来ないというご相談を受けることがよくあります。

・広告を見ているターゲット層
・広告の打ちだし方やPRポイント
・商品の内容や価値の訴求ポイント
・商品の価格設定
などがターゲットとする顧客や顧客のニーズと少しずれてしまっている可能性があります。


その際にはぜひ上記ポイントを中心に、顧客目線で一度検討してみてください。






江戸川区で創業50年以上!
地元スタッフによる、地域密着型の広告代理店です。

チラシ・ポスター制作、ホームページ制作等の広告やデザインに関することはお気軽にお問合せください。
社内デザイナーとコピーライターによる自社制作のため、意思疎通がスムーズで迅速な対応が可能です。

プロモーション計画やブランド構築、マーケティング戦略の策定まで、忙しいオーナーや店主に代わって計画策定や実行支援までトータルサポートいたします!
お気軽にご相談ください。
問い合わせ
担当部署
まいぷれ編集部
 
定休日
土・日・祝
営業時間
9:30~18:00
代表電話番号
03-3687-1511
代表FAX番号
03-3687-1576
メール
  • コメント
株式会社京葉十二社広告社の情報へ戻る
TOP戻る