1. えどがわ産業ナビ
  2. ケンブリッジ英会話
  3. ニュース
  4. アフタヌーンティーXmas Special

ケンブリッジ英会話

アフタヌーンティーXmas Special2019年12月24日

アフタヌーンティーXmas Special 関連画像1 アフタヌーンティーXmas Special 関連画像2 アフタヌーンティーXmas Special 関連画像3
12月24日、アフタヌーンティーXmas Specialをおこないました。

ブログ記事はコチラ(More Photos)
https://cambridgeeikaiwa.com/

お集まりくださった皆さん、ありがとうございました。
TWG の Red Christmas Tea は、シナモン他スパイスが色々入っていてとっても良い香り!飲むとおなかの中からジンワリあたたまってくるような不思議なお茶でした。このお茶は、生徒さんがシンガポールに出張した際に買ってきてくれました。TWGは高級な紅茶を扱うお店で、新丸ビルや銀座にもお店がありますよ。大切な方へのギフトや、大切な自分へのギフトに良さそうですね。

Marks&Spencer の Christmas Pudding は、イギリスから取り寄せました。日本のクリスマスケーキとはずいぶん違いますね。色は真っ黒で、ドライフルーツや洋酒がたっぷり入ってドッシリ、ズッシリ、しています。これに泡立てていない高脂肪クリーム Double cream をジャブジャブかけていただくのが定番です。私がイギリスに行ったとき、クリスマスプディングにちょびっとだけクリームをかけたら、「それじゃ足りないわよ、もっとかけて!そんなんだから痩せてんのよ!」みたいに言われるわけです。日本では決して痩せている部類には入らないYukoですが、あちらに行くと「小柄で細い人」として扱われます。太目体型が気になる方は、イギリスに行ってみてください。そして、自分のこの体型で全然オッケーなんだ!と自信をつけて帰ってきてくださいね。

Mince Pie は、Darrenと息子が作りました。Winney 家は男子がよく働くんです。クリスマスディナーの食後は、お母さん、私、Darrenの妹、弟の嫁さんは、席を立たずのんびり、しゃべり続けてます。Darrenと弟と妹のダンナ、男子達がお皿をかたづけ、食後のお茶をいれてくれます。子育て中のお母さま方、夫と息子を「家事する男子」に育てましょうね!秘訣は、「お母さんが頑張り過ぎない」「お母さんが忙しく充実している」ことです。「お母さんがグータラでお世話してくれないから」「お母さんが忙しいから」自分がやるしかないか~と、夫と息子に思わせるように持って行きましょう。

ミンスパイの中身は伊勢丹の British Fair で買ってきた Welsh Lady の Mince Meat です。Meatといってもお肉ではなくて、レーズンなどのドライフルーツとオレンジピール、ビネガー、レモン汁、各種スパイスが入ったジャムのような瓶詰です。日本で手に入りにくいと思っていたけど先日 Ario のカルディで売ってるのを見かけましたよ!じゃあ「挽き肉」は英語で何ていうんでしょうね?実は、Minced meatっていうんですよ(まぎらわしいですね!)または、ground beef (牛の場合)といったりすることもありますよ。今回は簡単にパイ生地で作りました。(作ってない私が「簡単に」とかいうと怒られそうですね)冷凍パイシートを伸ばして、シリコンカップに敷き、ミンスミートを入れて、上からパイシート Puff Pastry で蓋をして、オーブンで焼きました。お上品な日本のレディたちに合わせてお上品なサイズに仕上げました。UKでは、もっと大きくて食べでのあるサイズ、ショートブレッドペイストリー(タルト生地)で皮を作り、蓋になる部分は星形に飾ったりします。お菓子作りの好きな方は、教室にレシピ本がありますので宜しければごらんください。

Yukoによるミニ講座、「クリスマスソングの歌詞を解析!~サビ以外鼻歌。。。から卒業~」もおこないました。今日は、ド定番、Wham! の Last Christmasと Jackson 5 の I saw Mommy Kissing Santa Claus の2曲について解説しました。ラスト・クリスマスは実はフラレた元カノに宛てた失恋ソング、って知ってました?Mistletoe (ヤドリギ)ってなーに?サンタの正体はパパ?それともママの浮気相手?いろんな解釈があるんですね。うちのパパとママ危機なのかな?って、子供を不安な気持ちにさせないように気を付けたいですね。サンタの格好をして煙突または窓からこっそり家に入ろうとするお父さん、不法侵入の疑いで捕まらないように気を付けてくださいね!

Darrenからは「Boxing Day ってなーに?」というお話をしました。日本ではあまり知られていないけど、イギリスと旧イギリスの植民地だった国々ではクリスマスデイとボクシングデイは両方とも祝日で、学校や職場はお休みです。ボクシングといっても殴り合いはしませんよ。古くは貴族(ダウントンアビー的な)が、クリスマスデイに働いてくれた従業員(執事、メイド、料理人、庭師など)に、プレゼントを贈る日だったそうですよ。今は、もらったけど要らないプレゼント(サイズの合わない服や、自分の好みに合わないもの)を返品したり、お店ではブラックフライデーのように安売りセールが始まる日となっています。

今日は、初めましての方もいれば、あらー久しぶり!以前アフタヌーンティーで会いましたね!とか、前回イベントのSUNDAY ROASTでご一緒しましたね!なんていう再会も見られ、生徒さん同士が親しくなってくれて、私達としてもとても嬉しいです。英語スキルとUKカルチャーをお伝えするだけでなく、皆さんの毎日がちょっと楽しくなるような場を作りたいと思っています。同じ関心を持つ仲間と出会ったり繋がったり。「大人になってからも友達って出来るんだ!」「葛西にこんな素敵な人達がいたんだ!」なんて思っていただけると嬉しいです。

さあ、年が明けると2020年。オリンピックもあるし、特別な一年になりそうですね!
イベントとしては、第2回カラオケNIGHT、イギリス映画観賞会(新しく調達したプロジェクターを使いたい!)、温かくなったら野外でバーベキュー、などを予定しています。その他、こんな内容の講座をやって欲しい!こんなイベントがあったら楽しそう!など、ご提案がありましたらお寄せください。
  • コメント
ケンブリッジ英会話の情報へ戻る
TOP戻る