1. えどがわ産業ナビ
  2. 有限会社クボタ文具店
  3. ニュース
  4. 2B以上の濃い鉛筆

有限会社クボタ文具店

2B以上の濃い鉛筆2019年04月27日

2B以上の濃い鉛筆 関連画像1
当店では、三菱鉛筆の鉛筆を幅広く扱っております。
質の高い「ハイユニ」は3H~4Bまで、
「ユニ」は3H~6Bまでを常時店頭にて販売しております。

その他、外国製品や三角軸の書き方鉛筆、朱藍2色鉛筆、トンボの消しゴム付鉛筆もございます。

そして今やレアになった、トンボの赤黒鉛筆も少数ですが販売しております。


最近では学校で使う鉛筆の硬度が最低でも2B以上となっているようで、年々、その硬度が上がって行っているように感じます。

硬度とは、一般的には「濃さ」と言われているもので、日本国内では
10H~10Bまでが生産されています。
とはいっても、普通に使われるのはせいぜい4H~4Bくらいまでです。

Hは「HARD」、硬い
Bは「BLACK」、黒
の意味です。
「H」の数字が大きくなるほど芯は硬く、筆記線は薄くなり、
「B」の数字が大きくなるほど芯は柔らかく、筆記線は濃くなります。
そのため、「H」系は製図で使われることが多く、「B」系は絵画や文字書きで使われることが多いです。

学校の「書き方」で使われるのは、昔は「HB」、近年では「2B」、最近は「3B~4B」ということもあるようです。



あわせて当店webサイトの鉛筆の歴史もご覧ください。

---文房具豆知識・鉛筆の歴史---
https://kubobun.com/mame/pencil.htm



有限会社クボタ文具店
https://kubobun.com/
  • コメント
有限会社クボタ文具店の情報へ戻る
TOP戻る