1. えどがわ産業ナビ
  2. こんや鍼灸治療室
  3. ニュース
  4. 大人の事情~老人ホームでの鍼灸治療

こんや鍼灸治療室

大人の事情~老人ホームでの鍼灸治療2020年03月03日

このところ新型肺炎のニュースで持ちきりです。直接的には僕の仕事には影響はないと思っていました。ところが3月1日の朝、患者さんから予約を受けて治療のために介護付き有料老人ホームへ行ったところ面会禁止ということで文字通り門前払い。貼られた紙によると二日前からの対策のようでした。


しようがないのでエントランスから携帯電話をかけて患者さんに説明しましたが怒りは収まらないようで諸般の事情を説明するのですが、唯一の楽しみ、活力の源を奪われた彼女の怒りから日ごろの施設への不満まで約10分間訴えられました。


そもそもこの老人ホームは医療法人グループが経営していて病院からリハビリ、訪問マッサージまで内輪で経営しているので、この患者さんの鍼灸治療の同意書の申し込みに対しては施設訪問の医師にも(同意書を書いてもらうために)外来で行った系列病院の医師にも拒否されてしまいました。安価(健康保険)で鍼灸治療をするには医師の同意が必要なのです。充実の医療体制かと思いきや実は充実しすぎるお陰でこういう大人の事情が発生するのです。


入居時に系列のマッサージ院のお試しサービスがあったそうですが「触ってんだか何だかわかんないのよ」との事でした。初見の高齢者に事故があってはいけませんし、望んでもいない利用者へアプローチをする“雇われマッサージ師のモチベーション”にも同情の余地はありますが、問診もせずに誰でも何でもマッサージというのも安易すぎです。


いちばん最初に治療に行った時にも「お灸はしませんから(煙や火の心配はありません)」など施設長に挨拶をしましたが「もしほかの入居者に依頼されても断ってください」と念を押されました。事実、患者さんは素直に自分がいいと思う治療を他の入居者に勧めてしまうので「私もお願いしたいのですが」と依頼の電話があり丁寧に断ったこともあります。


医師に同意書を書いてもらえませんでしたが、彼女にとってはバスに乗って通っている頃からずっと健康管理に欠かせないものとして続けてきた鍼灸治療なので諦めるわけにはいかず、僕は一回の治療で出張料を入れて7000円(4500+2500)いただいて治療をしています。施設には固定費で月26万円かかっているそうですから楽じゃないと思いますが。


同意書をもらえたら1回392円(1割負担)でできたのですが(少子高齢化のために二年後には2割負担になります)。もちろんこの施設以外では同意書を断られたことはありません。だって当の患者さんが望んでいる治療ですから医師がダメと言うにはそれ相応の理由がいるでしょう。(街のクリニックでは断る医師は結構います~大人の事情その2)


ヒポクラテスの誓いを忘れてしまっていてもいいのですが医療者は患者さんの心身の健康ために存在していることを忘れないでいただきたいと思います。


潤沢な老後資金のある方には関係ない話ですが。
  • コメント
こんや鍼灸治療室の情報へ戻る
TOP戻る