1. えどがわ産業ナビ
  2. こんや鍼灸治療室
  3. ニュース
  4. 昭和30年代の家族計画と妊孕性

こんや鍼灸治療室

昭和30年代の家族計画と妊孕性2020年03月30日

以前【臓器脱じゃないの?】(2018年9月5日UP)で便失禁をしたと思って慌ててトイレに駆け込んだらお尻のお肉の間違いだったという、未だによくわからない話を書きましたが、その、治療中に何でも話せる(話してくれる)80歳代女性の話です。


好きな歌手の話から島倉千代子の話になり、「あの阪神の野球選手とうまくいかなかったのよね」という話が出たので、そんなことがあったんだと後でググったらウィキペディアに二人の間で3人の子を堕胎したことが出ていました。


僕は細かな事情は知る由もありませんが3人も授かって一人も産まないという選択が理解できなかったのですが、次の治療の時にこの患者さんは「そういう時代だったのよ」「子供を持って人気歌手なんて仕事ができる時代じゃないのよ」と言いました。


そのついでに「私だって二人おろしてるのよ」といきなり告白。「〇〇さん(この患者さんを紹介してくれた近所の人)だっておろしてるわよ、□□さん(故人、この患者さんが紹介してくれた近所の人)」だっておろしてるのよ」と日常茶飯事の如く次々と爆弾発言。


しかも彼女は当時平井にあった近所のオカモトの工場でパートで働いていながらそういう避妊具を使うという意識や知識はなかったそうで、男性側にもそういう女性の身体の負担を考える意識がかなり低かった(というか無かった)という事実に驚きます。現在では全く想像できない別世界の話のように感じました。


この事実を当然この患者さんの子供さんたちは知らないと思いますが、貧困家庭という訳ではなく二人の子供さんは高学歴からの高収入です。まさに「そういう時代だったのよ」ということなのでしょうか。


最近読んだ本ですが、この患者さんと同い年の子供のいなかった評論家の江藤淳夫妻にも子供に関して「あの時はしょうがなかったのよ」と夫人が後に友人に語ったという記述がありました。その後体調を崩し婦人科の不調からの手術で子供が持てなくなり、その40年近く後に最愛の妻に先立たれ、一人になった彼は次の年に悲しい最期を自ら選択します。


妊孕性という言葉があります。あまりなじみのない言葉ですが簡単に言うとひとりの女性の持つ妊娠のしやすさということです。そして【卵子は新しく作られない】(2019年8月9日UP)でも書きましたが、身体も卵子も歳を取っていきます。これは変えようがありません。


夫婦それぞれの事情がありますから口をはさむ権利もありませんが、若いうちは当然お金も全然ありませんが、気持ちもどん底かもしれませんが、それは関係ないのです。長い人生においてパートナーが変わるかもしれませんがそれも関係ないのです。仕事も変わってゆくかもしれませんがそれも関係ないのです。


参考:「江藤淳は甦える」 平山周吉 著 新潮社
   「地球で生きている」 ヤマザキマリ 著 海竜社
  • コメント
こんや鍼灸治療室の情報へ戻る
TOP戻る