1. えどがわ産業ナビ
  2. こんや鍼灸治療室
  3. ニュース
  4. 求道者 ダルビッシュ投手

こんや鍼灸治療室

求道者 ダルビッシュ投手2020年12月16日


僕は今ではほとんどテレビを見ませんが、治療中は静かに音楽を、患者さんがいない時は好きな音楽や動画をというように仕事場でのほとんどの時間をYouTubeとともに過ごしています。


先日、チャンネル登録をしているシカゴカブスのダルビッシュ有投手の「これがないと先発できないってレベルの商品・・・」というタイトルの動画を見ていたら、その答えはなんと温灸(せんねん灸‟太陽“)ということでした。


今年の正月にソフトバンクの千賀、石川両投手とのダルビッシュ投手の自宅(ダラス)でのキャッチボールの動画も上がっており、その時も「お灸」とは言っていましたが。


2019年の6,7月頃から調子が良くなったそうなのですが、その頃から先発登板前に自分で必ず使うということです。使い過ぎて一時手に入らず焦ったと。一回に20個くらい使うそうで、コストとしては1400円くらいです。


右肘の内側側副靱帯の再建(トミー・ジョン)手術をしているので、その辺りから胸鎖乳突筋の付着部辺り、肩周りに自分がマッチするツボ(経穴)をネット検索し、選んでやっているそうです。


一般の人の効果の感覚と違い、少しの違いでパフォーマンスというか結果がわかりやすく、大きく違ってくるために微妙な感覚にこだわる様子は素人にはほとんど理解できません。しかし「違いがはっきり分かる」という点においてはやはりとても敏感に身体の反応を受け取るように細心の注意を払っているのです。


同じようなツボへの温熱刺激でも直接のお灸はあまり良くなかったそうです。ここは個人的には少し残念でしたが、痛み、痺れなどの強い症状があるわけではないので、登板前の肩から肘への軟部組織へのパフォーマンス向上のための刺激としては温灸がベストなのかもしれません。


ヒートパック(≒ホットパック)もイマイチで登板前日からお風呂は逆に全くダメなのだそうです。どれも同じ“温める方法”ですが違うそうなのです。また、クラブハウスは個室じゃないので煙と匂いが出る普通の温灸は使えないとのことです。


このせんねん灸“太陽”は、発熱システムとしてはお灸のホッカイロと言えば解り易いかもしれません。火を使わずに火傷も気にせずに手軽に使えるので僕も10年程前に煙や匂いを気にする家族がいる患者さん、もしくは火の取り扱いの恐い一人暮らしの女性の患者さん用に業務用を大箱買いして分けてあげていたことがあります。


自助論ではありませんが日々自分でもやろうとする人は当然、治療も可能な限り自分で管理するという意識が高いのです。修業時代、師匠は患者さんに500円分のもぐさを買わせて灸点を下してそれであとは自分でやってください、というやり方でした。


そのため僕も開業の時は小分けしたもぐさを大量に用意しましたが、家族で、夫婦間でお灸をしますという人は本当にいなくなってしまいました。治す努力をしないというよりも治療の選択肢が多様になったことが大きいと思います。


ダルビッシュ投手の例は非常に特殊なのかもしれません。普通に暮らしている人にはなかなか解りにくいかもしれませんが紙一重の感覚の差のパフォーマンスで勝負している彼にとっては微妙な筋肉、ほんの少しの投球の違いがはっきり自分で判るのでしょう。


だからなおさら真剣に身体にいいものを追求し、自ら効果を確認するのでしょう。トレーナーやマッサーに全て任せず、ストレッチからサプリメントまでいろいろ確かめて効果をYouTubeで報告する姿は野球選手というより求道者という感じがします。


超一流の人というのは当たり前のことかもしれませんが流石に意識が違います。自分の追い求めるものの為にあらゆる面で真摯に向き合い、可能性を試してみる精神、努力に驚くとともに心底敬服する次第です。
定休日
 木曜日 

 
営業時間
月、火、水、金、土曜日   9:00~18:00       

日曜日  午前のみ
  (日曜の午後は船堀2丁目で治療をしていますのでお問い合わせください)

祝祭日  午後のみ(12:00~18:00)

 昼休みはありません
予約は1時間前までにお願いいたします
代表電話番号
03-3636-0050
メール
  • コメント
こんや鍼灸治療室の情報へ戻る
TOP戻る