1. えどがわ産業ナビ
  2. こんや鍼灸治療室
  3. ニュース
  4. テレビで~と言っていた

こんや鍼灸治療室

テレビで~と言っていた2021年01月12日

70歳代女性、背中の痛みで来院。10年以上前から脊柱(の上部胸椎)が後方に突出変形してくる亀背気味で年に数度ほどしか来院しないのですが、その都度、圧痛のある椎間とそれを支える両側の脊柱起立筋などを中心に鍼灸治療をしていました。


本人は忘れているのでしょうが来る度に「猫背を治す体操をテレビで見てやっていたが治らない。どうして治らないのだ」と。


「テレビで~と言っていた」というセリフは臨床で嫌というほど聞かされる断トツあるあるなのですが、それはいかに高齢のとりわけ女性が日常的にテレビを見ているか、そしていかに情報源のほとんど全てをテレビに依存しているかを物語る証拠でもあります。


僕はもう曲がってしまったものは元には戻らない、テレビではたぶん若い人の猫背、姿勢という意味で言っているのだと。加齢による変形の亀背とは違うのだという説明し、少しずつ骨が曲がってきたのでしょうがないのだと答えましたが、「私の何がダメだったのか、医者にも骨粗しょう症の指摘もされていない」と言います。


この問答を半年に一度程繰り返しています。さらに、「テレビで階段昇降がいいと言っていたから踏み台昇降をやっている、テレビでいくつになっても筋力は増えると言っているから歩いて、筋トレもしているがなぜ足の力が落ちるのだ?」


それに対しては「いくら鍛えても年齢とともに筋力も当然低下していくもので、テレビで言っているのは何もやっていなかった人がある日運動や筋トレを始めた場合の話です」と。「○○さんの場合は以前から適度に使って鍛えているような状況なので通常40歳以降は年1%の割合で筋力は低下していくのが自然なのですよ」「だから筋力としても当時の六掛けが普通なんです」と答えました。


テレビで~をすればいいと言っていた、~が体にいいというので買ってみた。彼女らはすべてテレビの言うことは正しく当然自分にも当てはまると解釈してしまうのが特徴です。そして熱しやすく冷めやすく忘れやすいのです。


まったくテレビの制作者の思うつぼのような一見厄介そうに見える患者さんですが、実は健康に対する意識はそれなりに高いので年齢から考えてみても健康度のレベルとしてはかなり良いほうなのです。


ですから、彼女らの解釈を頭から否定するのはあまり意味がない上に、納得させるのも簡単ではありません。独特のパワーで攻めてくるので経験的にこちらもそれを説得しようとも思わなくなりました。


しかも、この患者さんのようなクラスタは理不尽なダメ出しとクレームで、ある意味気力充実の70歳代なのですからこの先もまだまだ健康で頼もしい後期高齢者達であることは間違いないのです。
定休日
 木曜日 

 
営業時間
月、火、水、金、土曜日   9:00~18:00       

日曜日  午前のみ
  (日曜の午後は船堀2丁目で治療をしていますのでお問い合わせください)

祝祭日  午後のみ(12:00~18:00)

 昼休みはありません
予約は1時間前までにお願いいたします
代表電話番号
03-3636-0050
メール
  • コメント
こんや鍼灸治療室の情報へ戻る
TOP戻る