1. えどがわ産業ナビ
  2. こんや鍼灸治療室
  3. ニュース
  4. オレオレ電話を防ぐには

こんや鍼灸治療室

オレオレ電話を防ぐには2021年02月08日

ここ何年もニュースにならない日は無いぐらい高齢者を狙った、息子を装った電話、あなたの口座やカードが悪用されているなどの電話から始まる詐欺。数日前も江戸川区の広報車が注意喚起をしていました。


普通に生活している人たちは全く他人事だと思っていて、患者さんと話題になると何なら「よくあんなに持ってるわよね」と同情すらされない雰囲気すらあります。


なぜその事を意識し出したかというと、訪問治療のために患者さんの家に滞在中のたった30~40分の間にある決まった患者さんだけは結構電話がかかってくるのです。


治療中なので僕が代わりに出ると切れたり、さもなければ何かのセールスだったり不用品ありませんか(押し買い)だったり、とにかく怪しいのがかかってきます。


今どき電話のセールス(テレアポ)などはそもそもはなから相手にしないのが普通だと思うのですが、一部の高齢者は親切にも話を聞いてしまうのです。


このように電話がかかってくる患者さんは決まっており、つまり長年にわたって通販などでいろいろ物を買ったりしているために個人データがあちこち出回っているようです。すぐ買う人リストに載っていて売りたい方は効率良く優先的に電話をかけているのでしょう。


詐欺の電話も当てずっぽうにかけているのではなく3、40年前の高校などの卒業生の名簿やら古い電話帳からかけているのでしょう。


始まりは電話ですから騙されない最も簡単な方法は固定電話に電話がかかってこないようにすることなのです。だとすれば、そのための最も安直な方法は固定電話の契約をやめることです。


簡単な話なのですが高齢者はなかなか携帯電話だけの生活に踏み切れません。だったら電話番号を変更すればもうかかってきませんよと提案してもこれも面倒らしく拒否されます。


江戸川区は「この会話は犯罪防止のため録音されます・・・」と応答する機器を配布取り付けしています。被害は格段に減るそうですが全てに行き渡っていませんし、電話がかかってくる可能性は残ります。あのしばらく繋がらないもどかしさを毎回相手に与えるよりもその前での対策のほうが安直だと思うのですが。


歳を取ると対応力が低下するので変化するということにかなりの抵抗感を示します。とっさの冷静な判断力も衰えるのですが、思考力も想像力も衰えてしまいます。もちろんすべての人とは限りませんが多少の差はあれ下降線をたどることが「加齢」なのです。


本人は上記の理由でけっして対策をしませんから高額をタンス、普通預金などで所有している高齢の親がいる方は、実家の固定電話をやめるか、電話番号を変えることをお勧めします。3~4個の番号の候補の中から選択できます。その後何人かの親戚、友人などに変更を伝えれば完了です。そうすれば少なくとも詐欺の電話はかかってきません。


手数料たった2750円で財産を守れる一番簡単で確実な方法です。(郵送系で言えばまともな通知はすべて封書なのでハガキはすべて無視、SMSも無視、と言っておきましょう)。
定休日
 木曜日 

 
営業時間
月、火、水、金、土曜日   9:00~18:00       

日曜日  午前のみ
  (日曜の午後は船堀2丁目で治療をしていますのでお問い合わせください)

祝祭日  午後のみ(12:00~18:00)

 昼休みはありません
予約は1時間前までにお願いいたします
代表電話番号
03-3636-0050
メール
  • コメント
こんや鍼灸治療室の情報へ戻る
TOP戻る