1. えどがわ産業ナビ
  2. こんや鍼灸治療室
  3. ニュース
  4. 自分コルセット

こんや鍼灸治療室

自分コルセット2021年03月25日

自分コルセット 関連画像1
街を歩いていて鏡やウィンドウに映る自分の姿が「誰?このお婆さん」とがっかりしたという話をよく聞きます。もしくは映った姿は見ないようにしていると(現実逃避型)。


基本的に胸椎上部が年齢とともに後弯して、首から上が前に出てきてそれを補正するために頭を上に持ち上げるので背中は曲がり肩は上がって顔が前に出てというスタイルになります。


これを克服するにはどうしたらいいのと聞かれます。「猫背矯正」とか「肩甲骨はがし」で稼いでいる知り合いの整体師はその昔は「骨盤矯正」もっと前は「O脚矯正」をやっていました。


彼の顧客はそれはそれで満足しているのでいいのですが、僕には「O脚は治らない」と言っていました。そりゃそうです、もちろん彼はそれを知っていて商売としてやっていました。


僕の考え方としては曲がった柱は元に戻りませんと患者さんに説明しています。築50年で閉まりの悪くなった襖みたいなものだけど、少し隙間が空くけれどまあ使えるでしょうと。


だとすればこれ以上曲がらない様に大切に使いましょう、その為には痛いから痛み止めという考え方は姑息的治療なので長期的には成立しないことが多いのです。目を背けているだけでは改善につながりません。


短期的にはそれも致し方ありませんが、大切なのは可能な限り根本の原因に合わせた対策を講じることです。冒頭の患者さんのように猫背気味なら胸を張って顎を引いて深呼吸をして肩を下げる。自分コルセットです。


それでもやっぱり生理的な流れは止められないのが歳を取るということです。しかしながら自助努力も忘れないでいただきたいのです。


それをせずに痛い時には痛み止めのみ、もしくはそれに加えてサプリメントという人が多いのです。受験に向けて勉強はせずに合格の御守りを集めるようなものです。


もちろん全ての人がそうではありませんし、当院で治療し、日常生活を改善しても結果が出なかった例も山ほどあります。


しかし、体操でも整体でも散歩でもいいのです。後悔しないためにも自分のできること、自分で注意できることはたくさんあると思います。
定休日
 木曜日 

 
営業時間
月、火、水、金、土曜日   9:00~18:00       

日曜日  午前のみ
  (日曜の午後は船堀2丁目で治療をしていますのでお問い合わせください)

祝祭日  午後のみ(12:00~18:00)

 昼休みはありません
予約は1時間前までにお願いいたします
代表電話番号
03-3636-0050
メール
  • コメント
こんや鍼灸治療室の情報へ戻る
TOP戻る