1. えどがわ産業ナビ
  2. 株式会社ニューコン工業
  3. ニュース
  4. 契約書の契印や割印にも活用されてる契印機

株式会社ニューコン工業

契約書の契印や割印にも活用されてる契印機2018年06月27日

契約書の契印や割印にも活用されてる契印機 関連画像1 契約書の契印や割印にも活用されてる契印機 関連画像2
【契印・割印と綴じ込みが同時処理の契印機シリーズ】

弊社製品の契印機をご紹介させて頂きます。

契印機は、穴文字、記号を打ち抜くことにより、契印・割印の役目を果たします。
『契印機』を導入する事により、重要書類等に印鑑による割印でなく、従来の押印による一葉ごとに折り返して押印する業務を契印機で契印する事により書類を一度に処理することが出来ますので、事務の能率化及び省力化が計られ、作成業務の円滑化に役立つと考えられます。
また、針穴の文字・数字・マ-ク等を穴文字によって契印するため、容易に消したり、修正出来ないので、偽造・改ざんから保護するために打ち抜き方式は大変有効です。


【契印と綴じ込み】
①契印(割印)と綴じ込み(ステープラー)が同時処理できます。
②綴じ込みすることにより、用紙の追加や削除等の偽造・改ざん防止に適しています。

この契印機は、契印(割印)の必要な様々な文書や書類、契約書等でご採用頂いております。

(特徴)
穴文字や記号等を用紙等に打ち抜くことにより契印・割印の役目を果たすものです。
(能率的)
スタンプとは異なり、一度に(製品の仕様により)6~60枚の用紙を打抜けます。
(確実)
一度にまとめて打抜くので、契印漏れがありません。
(安心)
打抜いた穴文字は、容易に消したり修正もできないので
契印された文書は、偽造・改ざんを防ぎます。
(耐久性)
永久的に保証・証明・確認等の役割を果たします。
(用途)
契印(割印)の必要なすべての文書にご使用できます。
各種証明書、契約書等に多く活用されております。
-------------------------------------
全機種フラットクリンチ対応のフラットステープラーを採用しております。
その為 とじ裏が平らになり、従来に比べ書類の管理がより一層管理しやすくなります。
-------------------------------------
■契印機とは・・・。
https://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/27070/
------------------------------------------------
【電動タイプ】
https://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/27058/
【手動タイプ】
https://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/27065/
------------------------------------------------
□契印機
http://www.newkon.co.jp/html_jp/014.html
------------------------------------------------
弊社では手動タイプから電動タイプまでフルラインアップし、ユーザーの皆様のご要望におこたえした製品をご提案します。
お客様の利用目的・ご要望に合わせ、機械をご提案させて頂きます。
------------------------------------------------
■ニューコン工業|ご利用規程
https://edogawanavi.jp/shop/100333/news/detail/18216/
弊社、カタログ(カタログに記載されてる事項含む)及びホームページ等に掲載されております社名及び製品名は登録商標となります。
今一度 ご利用規定をご確認ください。
------------------------------------------------
詳しくは、ニューコン工業のホームページをご覧ください。
ご用命を頂ければ、別途お見積り致します。
また、契印機は偽造改ざん防止の用途にご利用されるため、インターネット等での販売はしておりません。
------------------------------------------------
◇お問い合わせ先
株式会社ニューコン工業
東京都江戸川区中央1-8-15
電話03-3655-6151(代表)
URL:http://www.newkon.co.jp/
------------------------------------------------
○過去の新着ニュース一覧
http://edogawanavi.jp/shop/100333/news/
  • コメント
株式会社ニューコン工業の情報へ戻る
TOP戻る