1. えどがわ産業ナビ
  2. 健茶薬醍醐
  3. ニュース
  4. アルコールの力でハーブを!!

健茶薬醍醐

アルコールの力でハーブを!!2017年06月10日

アルコールの力でハーブを!! 関連画像1 アルコールの力でハーブを!! 関連画像2
ハーブをアルコール類(甲類焼酎やウオッカなどの蒸留酒、または無水エタノール)に浸すことで、ハーブの有効成分をアルコールに抽出させたものを「チンキ剤」と呼びます。
水に溶けにくい有効成分もアルコールには溶け出しますので、水溶性の有効成分だけでなく、脂溶性の有効成分までも抽出できます。
また、アルコールを使用するため、長期保存が可能です。(1年程度)
チンキ剤は薄めて飲んだり、湿布やローションとして外用に使われます。
飲むと、チンキ剤は口や胃からも吸収されるので、効果が早く、少量でも効果を発揮します。
無水エタノールは外用のみに使用して、飲用にするにはウオッカやホワイトリカーを使用してください。
  • コメント
健茶薬醍醐の情報へ戻る
TOP戻る